海外移住をお考えの方、仕事の関係で海外移住になってしまった方のための、海外移住ガイドです。

移住のポイントや人気の移住地に関する情報をまとめています。

広告

スポンサードリンク

PR

このサイトをお気に入りに登録する♪ ⇒ 


海外に移住するメリットとデメリット

◆一般的なメリットとデメリット

海外に移住する最大のメリットともいえるのが、移住する地域によっては、生活コストを安く抑えることができるという点ではないでしょうか。

日本というのは世界的に見てみても非常に物価が高いとされています。 そのため、私たちの感覚では当然のものであっても海外から見てみると非常に高いものになっていることも多く、逆に言えば日本から海外に移住することによって生活に必要な物資であったり、娯楽にかかる費用であったりといった全般的なコストを安く抑えることができると考えることができます。

もちろん、国によって物価というのは異なるので生活に必要となるコストは移住する国によって変わってくるでしょう。 特にコストが安い国として人気を集めているのがタイやフィリピン、マレーシアといった国です。 逆に日本と特にコストが変わらない国というのはアメリカやイギリス、オーストラリアといった先進国になります。 これらのことをよく踏まえた上で移住する海外を決定すれば、得ることができる収入の拡大一緒だとしても生活水準をぐっと高めることができるというのが海外に移住するメリットとして挙げることができるでしょう。

異文化コミュニケーションをとることができる

◆日本と言う国はとても狭いです。

海外移住すると、多種多様な人種や独特な風習を持った民族に出会います。 日本ではなかなか体験することができないような文化を、ご近所さんから得られるようになることは、視野が広がるきっかけにもなりますし、大きなメリットになるのではないでしょうか。

もちろん、海外に移住したからといって、現地の人とあまり関わりあうことなく生活することだってできますが、 基本的に日本人はどこの国にいっても好意的に受け入れられることが多いです。 一部の国においては日本人に対する印象が良くないこともありますが、特に東南アジアなどは親日家の人も多く異文化コミュニケーションが取りやすい国だといえるでしょう。

また、子どもがいる家庭であれば、先進国であるアメリカ、イギリス、オーストラリアなどに移住することによって、子どもをよりグローバルな環境で教育することもできるというメリットもあります。 日本国内の中で異文化コミュニケーションを行おうと思ったら、少ないチャンスを活かす必要があり、なかなか身近なものにすることはできませんが、海外に移住することによって、簡単に異文化コミュニケーションを行うことができるようになります。

海外はビジネスチャンスが多い?

◆日本国内では不況が騒がれていますよね

実際に失業率の高まりや終身雇用の崩壊といったものが問題視されています。 そのため日本国内で働くのが嫌になり、海外に新しいビジネスチャンスを求めて移住するという方も増えてきています。

海外で就職する場合は日本で就職してから海外に派遣されるパターンと、海外に実際に行ってみてから就職をするいわゆる現地採用を目指す方法の二つが考えられます。 いずれも簡単にできるものではありませんが、アジア圏内などの成長著しい国で働く事によって安定した収入や今後の急速な発展などを期待することができます。

また、海外の就職事情というのは、日本のように残業がたくさんあるわけでもないですし、休日を返上して働く必要がないことも多いです。 当然求められる語学力なども考えられますが、日本人が働いている職場というのもたくさんありますので、コミュニケーションがとれる程度の英語力があればどこで手もある程度働く事ができるとも考えることができます。

もしも日本国内で培ったノウハウがあるのであれば、発展途上国などでそのノウハウを広めることによりその国の大きな発展に貢献することもできますので仕事でのやりがいを求めるために海外に移住するという方も多いです。

海外移住のデメリット

◆勿論、デメリットだってあります。

海外に移住する際に、最も大きな問題となるのがビザではないでしょうか。 資産が少ない一般家庭の場合、先進国ではなかなか永住権というものが得られないらしいです。 ビザには様々な種類があり、滞在できる期間にも差がありますが、 基本的には海外で暮らし、ビザの期限に合わせて日本に数ヶ月帰国する……を繰り返すのは、なかなか大変なものです。

また、言葉が通じないことや、生活習慣が全く違うということ、食生活の違いなどが考えられます。 日本では考えられないような事が海外では当然であったり、逆に日本では当然のことのように行われていることが、海外ではタブーであったりすることも珍しくはありません。

また言葉の壁というのは、海外に移住した人にとってとてもストレスに感じる要因の一つだと言われています。 そのため海外に移住しようと考えている人は、英語が通じる国かどうかということを確認しておいてほうが良いでしょう。

私たち日本でも英語は義務教育の一つとして身近なものになっています。 実際にしゃべることはできなくても、読書がある程度できるという日本人は多いです。 英語力を活かすことができる国であるかどうか?というのは非常に重要な問題であり、共通語があるという点は、コミュニケーションをある程度円滑に進めることができるため非常に有効です。

逆に言えば、その国の言葉でしかコミュニケーションを取れないような国であれば、海外移住のハードルは一気に上がることでしょう。 日本語が通じる国はありません。読み書きができなくても、せめて日常的な英会話力を身につけておきたいですね。

アメリカ暮らしについて

アメリカのお家事情

アメリカの台所は使いやすい?
日本のトイレはなんて清潔なの!と思う
お風呂に入る習慣がないアメリカでは…

生活に必要な知識

プーケットへの移住

プーケットでの生活

移住した後、現地で就職できるか?
女性が現地で妊娠・出産する場合
移住するために必要なビザについて

ドイツへの移住

ドイツでの生活

ドイツへ移住した後で、就職するには?
住まいを見つけるための住宅情報
ドイツの食べ物は日本人に合うか?

【おすすめ広告】


世界の希少宝石